神鍋高原ペンションスノーランドは、緑や花に囲まれた、心も身体もゆったり過ごせる小さなペンションです。

ブログ:スノーランドからの風の便り

ベジタリアン(ビーガン)対応メニューを始めてみます。

2019年4月16日 / ブログ

昨日は新しいメニューに向けて写真の撮影会をしました。新しく挑戦するメニューは「ベジタリアン、ビーガン」対応メニューです。

ベジタリアンて言葉は昔から聞いていましたが、近頃ではビーガンと言うジャンルがあると知りました。ベジタリアンの中には色々分かれていて、乳製品の摂取は大丈夫な方、や卵大丈夫とかあります。

ビーガンは動物性は全てだめで、お出汁や調味料にも気をつけます。

野菜やお米を自分達で作ってお客様に提供させて頂きながら、甘くて味の濃い野菜やお米に皆様から感動にも似たお声を頂ける度に、こんな野菜達が主役のコースを作ってみたい、と思ってきました。

グルメの旅、との思いが強く、本物の但馬牛や蟹を食べて頂ける事に力を入れています。

そんな中でのベジタリアン、ビーガンの流れです。多くの外国の方の来日に合わせて求められてきたようですね。

そんな流れの中で、今まで野菜達をふんだんに使っていた我が宿で、今までのメニューを再構築してやってみます。宿泊プランですから朝食のメニューも少し変えてみました。通常のメニューの朝食とあまり変わりが無いのに、あらためて思います(°▽°)朝食定番の焼き魚や、卵料理、乳製品、は一切使っていませんが、何時も作っているものが、野菜中心のメニューでしたから、苦労は無かったです

ビーガン対応まで考えたいので、当然お出汁から。昆布と鰹節をやめて、昆布、干し椎茸をふんだんに使って、じっくり時間をかけて出します。

乳製品、卵を使わずに、となると力強い味方は、豆乳やお豆腐製品です。神鍋には美味しい水を使ってお豆腐作りをされている「蘇武の里」さんがあります!これは強みです。

神鍋では昔から、特産、と言われるものがありません。いや、あるのですが、キャベツや西瓜、なども生産者さんがドンドン減ってます。もっと需要があれば、後継者の育成にも繋がるのでしょうね。

神鍋の野菜達が主役になって、その美味しさが広く伝わればどんなにいいか、と思ってきました。

この新しいメニュー提供から、色んな勉強や気づきがあります。これを機に今までの料理の見直しまでできればと思っている、ママシェフ です。

冬に逆戻り!冬来たりなば春遠からじと言うのに春遠し

2019年4月3日 / ブログ

新年号「令和」に沸いたエイプリルフールの翌日にはまさかの積雪!タイヤ交換もとっくに済ませた今年ですから焦りました

お山も真っ白⁉️またスキーが出来るやんなーて思うくらい積もってしまった昨日の朝でした。

あちらこちらで桜の開花や花見が始まっている状況での寒波。まさに花冷えでした。

神鍋高原の桜も今年は開花が早めかなぁと、少し赤らみかけた蕾も縮こまってしまいました。

一気に春にはしてくれないですね。

でも、そんな神鍋高原だからこそ、春の陽気や、花の和らぎ、木々の芽吹きなどに一層の感慨と喜びを感じるのでしょうね!

早く山の花や芽吹きもお知らせしたいです。

新年号「令和」発表されましたね!〜新しい時代へ〜

2019年4月1日 / ブログ

ワクワクしながら、色々予想して

ついに新年号は「令和」でした。

予想が当たった方は無いのでは、と思いますがいかがですか?

私は和の文字は使われると予想しておりましたが、まさかの「令」が年号になるとは。

万葉集の中からの引用と言う事でしたが、 漢文ではない事に好感が持てました。万葉集には日本最初の和歌集で、広く防人や庶民の和歌も編纂されているのが、今回の年号に込められているのが一番いいと思うのです。

聞いた時にはちょっと違和感があった文字です。和は納得するのですが、令って律令とか命令など、規律を重んじるイメージがあって。

しかし万葉集の令月てどんな意味か調べてみると、何事をするにも良い月、だそうです!

そんな意味が分かると、これからの新しい時代へと気持ちも昂ぶります。

みんなが穏やかに、思いやりに溢れ、活気に満ち溢れた時代へと作り上げてほしいと願って新年号発表に胸躍らせた、ママシェフ でした!

蟹シーズンも終了いたしました!

2019年4月1日 / ブログ

3月いっぱいをもって今シーズンのズワイカニの提供も終了いたしました。週末には今シーズンの食べ納めを楽しみにして、春休み旅行の家族の方々で賑わいました

平日限定の炭火焼での提供も、ラストシーズン特典で提供させていただきました。年々高騰が続く蟹料理です。この先もずっと上がっていくと聞いています。更には蟹が少なくて提供が出来なくなる?なんて話まで聞こえる始末です。

それでも、一年の楽しみだから、と言ってくださる方々の為に次の蟹シーズンも頑張りたいと思います。一年を通して旬の色んな美味しいものを食べて頂きたいと新たなメニュー作りにもはげみたいと思うママシェフ でした。

久しぶりの投稿は春のお便り〜早い春の訪れ

2019年3月16日 / ブログ

久しくブログ投稿が出来ていません(о´∀`о)パソコンの不具合によりずっと出来ませんでした!その間に、スキーシーズンも終わり、神鍋は一気に春へ!春のお知らせもたくさんあるのに、ブログはタイミングも大切ですね

春一番の味覚、葉山葵の醤油漬けも早々と漬けました。葉山葵を塩もみしてから漬ける方法です。ゴシゴシ刺激を与えるのが大事。これで辛みが出ます。塩漬けして軽く重石をして一晩おきます。刻んで醤油漬けに。

蓋を開けるとツンツンした香りがたまりません!春の味覚です。この葉山葵は野生ではありません。根山葵の茎、葉です。

山葵を栽培している北村ワサビ園の北村さんは、種蒔きから根わさび栽培をしておられます。細かな種蒔き、定植、と大変な作業の先に、立派な根山葵が出来上がります。

神鍋の綺麗な湧水を利用した素晴らしい取り組みです。

ワサビ園北村さんのクレソンも美味しいです。柔らかくビタミンやミネラルたっぷり!スープ、お肉のともは勿論鍋にはさいこう!但馬牛のしゃぶしゃぶや、地元ようか豚の塩麹なべに絶品です!

春の味覚はまだまだこれから順次顔を出してくれます。

山や里の風情と味覚をお届けします。

奥神鍋スキー場状況報告〜上はまだ気持ち良く滑れました!

2019年2月25日 / ブログ

良く晴れ渡った朝。ずいぶん雪が少なくなってきました。週末からは除雪して積み上げた雪を運んで続きが良いように雪入れ作業を宿主達で頑張ってしました。その甲斐あって、昨日迄のお客様方は良く滑れたと、満足してお帰りになりました。良かったです。

今年の暖冬は半端ない!でしたね。降る回数も少ない上に、降っても僅か。今まで奥神鍋スキー場がずっと営業出来たのも不思議なくらいでした。

今日の頂上から中腹のロマンスコースの様子です。下からは想像出来ない程、綺麗に整備された滑りやすいコースでした。

しかしながら1番下はずいぶんと消えてしまいました。万場スキー場も営業を終了したので第6リフトは止まりました。下の第2リフトも止まりました。さみしくなりました。しかし、毎日出来る限りコースを維持する為に最善を尽くしています。

来週ももう少し楽しめます。滑り納めに今一度奥神鍋スキー場にお越しになりませんか?

スマホ決済の勧め〜No.2楽天ペイも使えます

2019年2月8日 / ブログ

スマホ決済の楽天ペイも使って頂けます。

先日にはスマホ決済PayPayのお勧めをしました。がその後PayPayは2月より再び上限金額が設定されて、宿泊費などには使いづらい上限金額になってしまいました。あまりにも変わりすぎで、ちょっとついていけない感がありますね。

PayPayはクレジットカードの本人認証がされていた場合 24時間以内 2万円 30日以内5万円 の上限金額になってしまいました。本人認証がされてないと、何と5千円の上限です

これでは宿泊費などには使いづらい場合がほとんどです。

その点楽天ペイは使いやすくなっております。

スマホ決済はカードを提示することもなく、QRコードをスマホでかざすだけ。金額を自分で打ち込んで、こちらに打ち込み金額を見せて頂き支払いが完了です。

このようにあらかじめ楽天ペイのアプリをダウンロードして登録して頂ければ、簡単にお支払いを済ませて頂けます。

これからはどんどんキャッシュレスが進みますね。

いつも思いますが、世の中の流れや変化が早くて、あれこれアンテナを張って、その流れを察知してついて行く事にアタフタとしつつも、頑張れ!と言い聞かせている、ママシェフです。

楽しかった香港からのお客様

2019年1月30日 / ブログ

スキーを楽しみに3泊4日で香港から来て頂いたお二人。

とても礼儀正しく明るくて、毎日片言の英語でのやり取りやら翻訳機での中国語でのやり取りで無事出発されました。今日はそのまま車で大阪へ。日本には12日間の滞在だとか。楽しい日本での休暇のひと時を我が家で過ごし貰えたのですね!写真もいっぱい撮って見せてくれた彼女。

食事がとても美味しい!美味しい!と感激して貰い、温かいおもてなしだったと喜んで頂けました。なんと「又来ます!」との嬉しい言葉も。

但馬牛のシャブシャブに、カニのコース、そして人気のホカッチャの洋食ステーキコースと毎日堪能されました。海外からのお客様は言葉を上手く伝える為に、あれこれと関わりを持つので、より深いお付き合いが出来るように思います。というより、言葉のやり取りに時間をかけたり、身振り手振りや、会話に時間がかかる為により深く関わらせて頂いているように感じるのかも知れませんね。

どのお客様に対しても時間の許す限りコミュニケーションをとることがあらためて大切だと思うママシェフです。

お二人のまだまだ続く日本での旅が楽しい思い出でいっぱいになりますように!

1 / 5112345...102030...最後 »